#108 青山高原のつつじ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2006年5月19日 3:55

この前の日曜日に青山高原に行ってきました.つつじを見たかったのですが,残念ながらまだつぼみでした.今度の日曜日あたりは咲いているかもしれないですね.例年もう咲いているのですけど.もうほとんど1週間も経ってしまって,全くタイムリーな話題ではないので申し訳ないですが...これでも私,結構,花を追いかけて行動していることが多いように思います.綺麗な花の情報がありましたら,ぜひとも掲示板で教えてください.

私が行くといろいろ疑われることが多いですが,純粋に花見に行ったのであって,同盟国防衛の重要拠点である基地の様子見に行ったわけではありません.見せてもらえるわけもありませんが.

笠取山分屯基地
http://www.mie.plo.jda.go.jp/ibento/kasatori/50th0723.html

青山高原は確か,前日の5月13日の土曜日に晴れていたら津市の植樹イベントがあったと思ったのですが,雨でしたのでどうなったのですかね?

気になっていたのですが,植樹するのはひょっとしてよく目にする花の大きい観賞用のつつじなのではないでしょうか?青山高原のつつじの美しさは山つつじの美しさなので,変な風に手を入れられないように祈っています.

花は見れなかったのですが,とても珍しいものを見ることが出来ました.帰り道で鹿の母子にばったり出くわしたのです.自然の鹿を目にしたのは何年振りでしょうか.心臓が止まりそうになるくらい驚くと同時に,幸運を感謝しました.

植林が多い山ですが,よく子供の鹿が育つ環境があったものだと思いました.

そして,植樹イベントのことが頭をよぎりました.

行政が行おうとしていた植樹は,鹿達にとって本当に良いことなのだろうか?と.

奥山愛宕神社への道を歩いていると,右手に原生林,左手に植林ばかりがあるところに出ます.人間の身勝手さを感じるところです.植樹イベントもいいですが,昔の綺麗な自然の山を取り戻してほしいと感じました.

こういう場合の行政の役割というのは何なのでしょう?自然な環境作り?こと自然に関する場合は言葉の使い方も変になりがちです.

分別のある自然との共生?それもなんだか人間が出すぎな気がしますね.

やっぱり人間も自然の一部ということを考えると,「自然への畏怖」,このことを常に頭から離さずに自然に接してもらいたいですね.


[会派・議員Webサイト トップページ更新情報]

  1. 2006/05/19 02:47:43 Yahoo!ブログ - 鈴鹿身土不二の会
  2. 2006/05/18 18:40:25 衆議院議員 中川正春
  3. 2006/05/17 17:59:25 TOP - 鈴鹿市議会議員 森川ヤスエの活動報告サイト
  4. 2006/05/17 03:09:00 日本共産党鈴鹿市議会議員 石田秀三Webサイト
  5. 2006/05/15 15:39:05 鈴鹿市議会議員会派 政友会HOME PAGE

Last Modified: May 21, 2006

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、Nが2006年5月19日 03:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「#107 鈴鹿市キーパーソンリスト更新」です。

次のブログ記事は「#109 入道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。