平成22年6月10日一般質問 あくてぃぶ21 青木啓文

| コメント(0) | トラックバック(0)
質問内容は
1.生物多様性について
2.生け垣設置費補助について
3.次世代育成支援行動計画について

今回市長は生物多様性についての冒頭3分しか見なかったなぁ。しかもかなりあっさりとした答弁。なんだか物足りないし、拍子抜け。あんまり興味ないのかな?

1・生物多様性について
鈴鹿市の考え方についての市長の答弁は少々あっさりしすぎている印象でした。鈴鹿市として重要視している部分をもっとアピールしてほしかったです。また、活動については、生物多様性を維持する為にという意識が若干弱い気がしました。環境という世界の流れに乗っかっているだけではないのではないか。
COP10に向けて鈴鹿広報で市民に活動や多様性についてのPR活動をおこなっていくとの事なので、今後の啓発活動に注目です。

2・生け垣設置費補助について
緑の増加は目の保養にもなりますし、心の安らぎにも繋がると思います。市の発展して行く過程においても、自然と共存していく意識が芽生えると良いですね。

3・次世代育成支援行動計画について
鈴鹿らしい教育支援とはどのような活動か、との質問に対しての答弁では鈴鹿らしさは感じられなかったのが私の印象です。というか鈴鹿らしさって一体なんなのでしょうね?そこが知りたかったです。
最後に青木議員から納得の行かないような口ぶりで教育センター機能を活用する具体的な対策・施策についての答弁側では明らかに困惑した表情を感じました。
最後の青木議員の力強い発言、良かったと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2010年6月18日 19:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「五省」です。

次のブログ記事は「平成22年6月10日一般質問 彦坂公彦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。