平成23年3月3日 一般質問 伊藤 健司

| コメント(2) | トラックバック(0)

伊藤議員の質問内容からは少し外れるかもしれませんが色々考えさせられました。

 

◎障害者の就労支援について

 ひと言で「障害者」といっても知的障害者や身体障害者などがあって、それぞれに対応すべき点が違うのは当たり前ですが、障害者本人が"就労しようとする意思"があれば、それを支援してあげるのは当然のことだと考えます。

 ただ、一番で取り組むべきなのはやはり身近な親兄弟、親戚等の近親者であり、行政がどこまで支援できるのか・・・というのはなかなか難しい問題でしょう。

 四肢のない障害を持って生まれてきてもスポーツライターとして活躍している"乙武 広匡氏"、全盲であっても天才ピアニストとして活躍している"辻井 伸行氏"などは、まず本人の意思が非常に強固であり、また周囲の近親者の理解と多大な支援無くしては才能の開花はあり得なかったと言えるでしょう。

 行政に必要なのは彼等が成人する過程において行政がどの程度、どのような支援をしたのか・・・を検証して学ぶことではないかと思います。

 

◎地域の支え合い体制をつくることについて

 「民生委員」の関わりが深く関係するものだと思いますが、民生委員の多くが高齢者であり、また"なり手"が少なくていつも不足している・・・という現状はいささか心許ないと思います。

 民生委員の仕事は多岐に渡るのに、ボランティアが原則で、支給されるのは移動に掛かった費用とか通信費用だけという現行の「民生委員法」(S.23施行)がネックになっているような気がします。数度改正されてはいますが原則は変わっていません。

 民生委員には報酬を支払って然るべきだと小生は考えます。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/171

コメント(2)

いつも楽しみに拝見させていただいてます。
私の事についても掲載していただき、ありがとうございます。
市議会への関心につながるサイトがあるのは、大切な事だと思います。記載大変だと思いますが、これからもよろしくおねがいします。
本日も一般質問してまいりまして、久しぶりに福祉と離れた分野から質問いたしました。また閲覧していただくと幸いです。

また、ブログも開設していますので、よろしければ

伊藤けんじ
http://blog.goo.ne.jp/itokenji_suzuka/?fm=fm

記事を書いたLeftyさんにも伝えておきます.

今回は胸元がはだけてセクスィーでしたね.

今回の伊藤議員の質問へのコメントは近日誰かが投稿してくれる雰囲気がありますので,楽しみにしていてください.

コメントする

このブログ記事について

このページは、Leftyが2011年5月28日 16:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東日本大震災と血圧降下剤」です。

次のブログ記事は「平成23年3月4日 一般質問 森川ヤスエ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。