鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月7日 伊藤 健司(あくてぃぶ21)

| コメント(0) | トラックバック(0)
今回は入札制度と税の未収入金の対応について。


入札制度の見直しは業者間の適切な競争を促すようであってほしいものです。
しかし安易に変えてしまうのもどうかと思うけど。難しい所でしょうね。
企業が潰れてしまうような制度は問題ありですが。

とこれで何故にそこまで入札額が削減されているのでしょう。
単に景気の問題、と言えば確かにそうかも。
ただ、現場の声ありきというが、この現状もまた現場の責任であると思う。
安い額で請け負ってしまえば、その額で出来るじゃん。で済まされるだろう。
そりゃ予算カットされるさ。自分たちでまいた種が芽をだしちゃったんだねぇ。
市長はこの問題をどう捉えているのだろうか。

税外収入金については、
なかなかに厳しい状況の方が多いようですね。
何故このような状況になっているのか、市のしっかりとした把握と対応に期待したい。
市民がゆたかに暮らせる日はくるのだろうか。鈴鹿に...
時代背景を踏まえると止むなしかもしれませんが、どのような政策を行うのか。
同時に雇用対策もしっかりしないと、鈴鹿やばいんじゃないの?
人口も減る一方だしねえ。のんきに構えてる場合じゃないだろと。
どうも鈴鹿は政策がちぐはぐで何をやりたいのか見えてこない所が多い。気がする。

税の未収入がある裏側で、行政のぐだぐださが露呈される。

質問内容については伊藤けんじ議員のブログにしっかりと明記されていますので、
ご参照されたし

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/181

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年9月16日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いろいろ残念なこと」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月7日 中村 浩(無所属)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。