2011年10月アーカイブ

私の頭が悪いだけか、聞くのがとても疲れた。

保健福祉部長のやる気なさそうな口調は相変わらずだなー。
出番が多いから疲れてるのかな。
淡々としててそれはそれで良いのかもしれないけど。

少子化ですからねぇ。赤ん坊の命は大事ですよね。
でもまぁ、なんというか...
親の方を過保護にしないと子育て出来ないのかなぁ。
鈴鹿市遅れてるというが...

鈴鹿市あんまり興味なさそうだな(笑)
なんだか板倉議員の空回りみたいに見えるのだが。

虐待の増加とか、親が対処方法が分からないとかは、気持ちにも全く余裕がないんでしょうかね~。
当事者じゃないのでそういう気持ちは全然分からないんですけれども。
今の時代、色々な人と繋がる事の大切さが無視されてるというか、重要な事だと思われてないのかもですね。

というか、ですね、私ずっとこの方の質問聞いていて、ここ今議会だよね?
とものすごく違和感を感じてしまったのですが。
一個人があーだこーだと騒いでいるような印象を受けたのですけれども。


質問時間は43分。
災害時要援護者台帳について
高齢者は障害者など、災害時に援護が必要とされる65歳以上の方を登録する制度。
そんな制度知らないわぁ。
市はあんまりやる気なさそうですね。台帳の更新作業も結構いい加減みたいだ。
議員もそのへんにかなり怒っているようだ。
市の答弁は逃げだな。

・救急医療情報キット
そんな制度も知らないわ。まぁそんなに歳いってないからかもしれませんけどね。
2年前の質問から再びの質問。
この制度を取り入れた他の自治体の成果はどうか、が問題だ。
2年前の答弁と全く変わらない感じで議員もイラついてますね。
色々金がかかるからやりたくないんだわ、という気もするけれど。

・図書行政について
祝日でも休館なんですよね、図書館って。
鈴鹿市の図書館って本当に不便だと思いますよ。良くしていく気があるんでしょうかね。
インターネットの図書予約も使いにくいんですよ。
あんなのとてもユーザーフレンドリーなシステムじゃないよ。
本当に図書館はなんとかして欲しいですね。本が少なすぎです。

ま、8月31日だけは開けてくれ、なんてのは論外だと思うのですが...
そりゃ宿題してない君等が悪い。
これはなかなかふざけた質問だ。

最近は図書館サービス事業も急激に変化してきていると感じますねー。
最先端の図書館はもはやこれまでの図書館とは全く違う雰囲気だし、
システムも大きく変化している。観光にも効果をあげている図書館もある。
図書館は立派にビジネスとしても成り立つと思いますけれどね。
私も図書館に行くなら県立か桑名あたりの図書館へ行く。
借りれないけれど、情報量も多いし、本を読む空間としても良い。
鈴鹿市の図書館はどうも落ち着かず、館内で本を読む気になれない。あと本が無いしね。

みんな図書館を使いたいと思っているのに、あんな化石のような古いシステムのままの
図書館はもう時代のニーズとは言えないと思いますね。
スタッフのサービスも基本的にやる気あるのかないのかよく分からない人が多いし。

・ベルディの推進
すずか茶んは?最近誕生したよ。
ゆるキャラはうまくいけば大いに観光客の増加につながる。ひこにゃんや
シロモチくん、千斗くん、ビジネスに大いに活躍している。
ベルディはいまいち市民にも人気ないけど...
着ぐるみ見たことあるけど、アレもちょっと...

すずか茶んに期待だな。市長は嫌いみたいですけど。

池上議員はかなり質問時間をオーバーしまったのが残念。
59分50秒。
突に質問ですねえ。
おーい、聞いている方が全然ついていけない。
なんでその質問をしているのか、何を聞きたいのかさっぱり分からない。

それにしても、今は学校の教室に空調が必要な時代なんですね。
温暖化パワーすごいですね。室内で熱中症になるくらいだ。
人の暑さに対する免疫力が低下してきているけなんじゃないかとも思いますけどね。
最近は家でもエアコンかけっぱなし、どこに出かけても空調の効いた
施設がほとんどだ。そんなところにいつも居たのでは、人間の体温調節
機能が失われるのも無理はない。

今年は家では扇風機だけで過ごせたけどなあ。

3000万弱で出来ると言っても、維持継続費など考えると...

空調ってホントに要るかなぁ。

教室の窓も開けらないのか、最近は。学校も大変だなぁ。
子どもも大変だけど。
とりあえず空調の中に居っぱなし、というのも逆に危険かとも思いますね。
汗かかない体になっちゃうよ。

森議員は初めての一般質問でしたが、もっと時間を使ってもらいですね。
21分は短すぎる。次回以降に期待しておきましょう。

あんまり書く事が無い...
・市民相談支援について

税金などの多重債務について、森を見て林を見るとはまさに。
鈴鹿市としては多重債務者への支援はしているが、まだ十分とは言えないと
思いますね。このような時代背景ではいつ誰が多重債務に陥ってもおかしく
ない。そのままにしておけば、債務者が増え、税収に関わる問題です。

滞納者は増加傾向にあるそうです。特に介護保険、医療保険が増えている。
相談者はまだまだ少ないが、恐らく相談したいと考えている方はもっと
多いだろう。

答弁としてはしっかりしているという事だが、どうでしょうね。
市民側にそういう活動をしているというのが伝わりませんし、
市がそういった債務者を本気で助ける気があるなら、より積極的に
この問題に取り組んでいただきたいところだ。

あれだけデカイ庁舎つくったんだから、もっと市民にために活用すれば
いいのにねぇ。

・学校施設整備について
計画では10年で67億6千万円の学校改築だ。
かなりの予算が必要だが、財政状況は大丈夫なのだろうか。
教育長は財政言われても困るというが、そこしっかりしておかないと
どーにもならんでしょ!
計画的にすすめたいのなら、財政がどうなっているかくらいはしっかり把握
しておいてもらいたいですね。

中西議員の質問は中身が濃いですね。
しっかりと自分の考えを伝える事を重点においている感じだ。
聞いていても眠くならない。



鈴鹿の法人税の減少から、今後の財政見通しにてついて

ですが、質問が大雑把だなぁ。
鈴鹿の財政ほんとのところ凄いやばいと思いますが、具体的な
対策は全然出来ていないのが現状じゃないでしょうか。

大企業に便りっぱななしにしてきたツケかと。
鈴鹿市が一本の事業収入だけで財源をまかなってうるという危険な状況
ではないでしょうか。

メイン収入が減った時にも他の収入ラインでそれをある程度でもまかなる
んですけどね。でもまだ大企業に淡い期待を持っているようですね。
何も学んでいないんでしょうか。お馬鹿としか言い様がありません。
お馬鹿な市に市民が苦しめられるのも辛いですな。

地域経済の活性化ですが、先行き不透明なので、後々考えるという風に
捉えられますが、時間は止まってはくれない。悠長な事を言っていたら、
またリーマンショックに次ぐ何かが起きますよ。大震災もあったし、
世界経済の動向も常に追って、今の時代に合ったビジネスを展開して
いってもらいたいものです。
今の鈴鹿に元気があるとは到底思えません。何かごまかしながら、
大企業にがんばってほしいなぁ~という感じですね。

末松市長になりもう半年。何かビジョンが見えてきただろうか。
鈴鹿が元気になりそうな何かが起こっただろうか。
起ころうとしているだろうか。
新しい鈴鹿のゆるキャラ、すずか茶んは一体どうなるのだろうか。
新しい鈴鹿としての都市開発、始めないといけないのではないでしょうか。

ちゃんと考えてるの?市長は。

なにも伝わって来ませんけど?

森田議員も質問時間が短いですね。
もっと色々聞けばいいのに...

大震災からもう半年ですか。早いものですね。

藤波議員の質問は3点
・学校安全の対策について

鈴鹿市において学校の耐震化は進んでおらず、小中学校合わせて6校が
要耐震化として残っている。迅速な対応が必要であるが、多大な予算も
当然必要ですね。

・災害の避難所について

福祉が必要な方へは2次避難所が福祉避難所として設けているが、
その時の具体的な対応マニュアルはまだないそうです。
まぁ、災害時にマニュアルとかあまり役には立たないと思いますが。
要はそういう時に対応できる人材や施設が必要な訳ですな。
マニュアル作ったから安心!なんてのがありえそうで怖い。
こういう時に大事なのは経験とか勘とか、そういうものですからね。

・交通不便な地域について

鈴鹿市は高齢者に限らず、公共の交通手段に不便を感じていると
思いますが。私も実際そう感じてますし。
オンデマンドだと基本的に割高になるでしょうけど、これからニーズは
増えてくるとは思います。

バス路線の拡充が望ましいとは思いますが、最終バスがなくなるのが
早すぎて使いたい時間帯にないんですよね。
鈴鹿はやはり地方だと痛感するところです。
ユーザーが少ないから、ではなく、ユーザーを増やすために日頃の努力が
必要なのであって、頑張って欲しい所ではあります。

あ~、そうそう、バスの路線図も見難くていつも迷います。
私だけかな。海外のバス路線なんてパッと見るだけでどれに
乗ればいいかよく分かるんですが。
こういうセンスは海外の方がいいんでしょうかね。日本はどうも
難しくするのが好きみたいで。

藤波議員は原稿読みっぱなしですけど、自身の言葉なのかな。

お、初質問ですね~。

コミュニティ・スクールについて
平成14年度から施行

なぜこんな制度出来ちゃったんでしょうね。
それだけ学校側に対する信用などが無くなってきてしまったのかもしれませんね。
学校の役割も時代とともに変化してきたのか。
親がそこまで介入しなければならないのも変な感じだ。

力関係が入れ替わってしまったのか。
躾の問題は基本的に親の責任だと思うし、全部を学校の責任にするのは
どうも腑に落ちない。まぁそういう風になった学校もよろくないでしょうが。

子どもの為の学校つくり、ではなく、親の満足する学校づくりになっていないだろうか。
子どもの自由が奪われ、大人の都合の良い教育がされていないだろうか。
教育の基本はやはり親だと思う。それを投げ出して学校へ依存している方が
多くないだろうか。
なんでもかんでも学校のせいにすればそりゃ楽だろうけどね。
そういう親の怠惰は、最近よく聞く。

まぁ、そういう類の要望を学校側も受けないで、ちゃんと子どもの事を
考えた議論を、学校とコミュニティ・スクールにはしていってもらいたいものです。

あれ!質問が24分ですね。短いなぁ。

次回はもっと時間を使ってがんばってください。
・子ども・保育の新システムについて

一発目はとりあえず、質問よりも要望という気もするが。

この新保育システムはかなり賛否両論あがってますね。
どちらがいいんでしょうね。新しい制度では親が自分で園を探さなくては
ならなくなる。さらに負担が増えてしまう。

ちょっと調べると、この制度の目的は予算の削減と雇用の拡大という点も
あるみたいだ。確かに新しい制度では保育で出た利益を保育事業以外にも使える。

一般企業が保育事業に参入出来るという点で、雇用にも効果があるかもしれない。
でも、保育事業で得た利益をその企業の別事業にまわす事も可能になる。
また、保育ママなるアルバイト程度の方が子どもを預かるという仕事も出てくるようで、
これは保育事業の質を落としかねない。

森川議員だけでなく、全国区的にもこの問題はかなり取り上げられているが、
鈴鹿市としては今のところ国に任せっきりという感じだ。森川議員がかなり
食いついて質問しているが、分からないで突き通している。

このシステム、メリットがかなり曖昧だ。
ま、金でしょうね。
予算が無いから、自由化して、企業等が参入してもいいよ~、みたいな。
雇用とかはいいと思いますけど、保育の質云々という点でどうでしょうね。

しかし、この制度の議論はもう収束に向かっている。

先ほども書きましたけど、鈴鹿市は興味ないというか、あまり発言したくない
側のようだ。

・介護予防日常生活支援総合事業について

現状ですでに給付サービスがうまく機能していないから新たに策定される事業のようです。
反対としっても、現状でちゃんと支援を受けられていない方が、ある程度の支援をまんべんなく
受けれるようになるとしたら、そちらの方がいいとも言えますが、
ちゃんと受けられている方は支援の質が落ちてしまうでしょう。難しいね。
・原発エネルギー政策について

こういう化学の事が全くわかっていない方が原発どーだこーだと言っても
全然説得力ないんだよなぁ...

それにしても放射線量測定器が街中にあるなんて...
安いんだったら個人で買っとけよ~。
測定器が異常値を示すころにはみんな避難してるでしょ。
どんだけ情報キャッチするのが遅い街やねん。
それに測定器がそこらじゅうにある街なんて全然安心できないと思いますがね。

質問のレベルが低いですね。議会で議論する内容ではないと思った。

・土地開発公社の有地について
 
未利用地の有効活用か。鈴鹿市はそういうの下手みたいですしね。
魅力ある土地なら企業から入ってくるでしょうし、それだけ鈴鹿には魅力が
ないという事なのではないかな。
10年前とさほど変わっていないというのは確かに感じます。
鈴鹿変わった?って聞かれても、う~ん...となります。

まぁでも、全く一緒というのはないですから、少しずつ開発が進んでいる中で、
次に何をするべきか、どう使うのかの提案くらいまで質問しても良いのではないのかなと
も感じました。

情勢が変化していく中で、鈴鹿がうまく対応出来ていないというのも問題。
経済の変化に柔軟に対応していける街づくりをしていってほしい。

観光客を年間を通して呼べるような都市に出来ないかなあ。
モータースポーツだけじゃ今はもう無理だろうと思いますが。
モータースポーツ都市宣言、いつまでもしているのもどうかとも思いますね。

あ、そうだ、あのへっぽこ図書館を作りなおすというはどう?
もっと近代的にさ。図書館事業は結構いいと思うんですが。
個人的な要望でもあるけど。本を借りいにっても少なすぎるし、
今時ネットも自由に使えないとか...

鈴鹿市立美術館とかもどう?モータースポーツ、工業だけじゃないぜっ!
という鈴鹿の意外な文化欲しいなぁ。
・救急救命士の完全乗車について

救急救命士の数、35人。すくないですねえ。
平成5年から取り組んでいる割に、成果が低いですね。
乗車率は90%に満たず、まだまだという感じですね。
結構な人数の方が救急車乗車中に心肺停止になってしまったそうです。
救命率上昇にしっかり取り組んで欲しいですね。

消防署が女性にとって魅力ある職場というのはいいんですけどね。
そんなに甘い仕事でもないだろうから、それなりの待遇はもちろんだろう。
人数が多けりゃいいというものでもないが、少ないよりは確かに良い。
しかし使えない人材を集めてもだめだし、訓練も必要。金がかかるし、難しいところですな。

・ゴミの収集について
高齢者も今や人材派遣サービスを使わなきゃいけない時代なんですよね。
近隣の住民が助けあうという風習はもはやない。
表に出しといたら、隣の人が持ってくとかね。

ないか。

なんでもかんでもシステム化を進めた結果とも言えますが。

市もこのままではやばいと感じつつ、どうすりゃいいっつーのよ!
って感じ?

優秀な市長!

なめられすぎですよ。

と思ったのは私だけか?

本気で不安だ...
防災対策ですが、東南部だけって...
なぜ北部は無視しているんでしょうね。
単純に聞いていて疑問に思いました。

質問の内容は先に他の議員がしたものとかなり被るので、
答弁もほぼ予想出来る内容。
せっかくの一般質問なので、他の内容の質問ももう少し盛り込んでほしかったなぁ。
もしくは一捻り加えるとか。
途中で寝そうになりました。

あと、かなり違和感があったのが、答弁の後に、答弁に対する意見があまりなく、サクサクと
次の質問へ移っていた点。答弁に対して少々失礼ではないでしょうか。とくに前半。
違和感を感じるのは私だけでしょうか。

避難所などの案内はいざという時に実はどこか知らない、という方も多いと思いますので、
早めに対応しておいてほしいですね。
設置しても日頃の防災活動など、市が率先して活動していくことで、そういった意識も市民に
芽生えるかと思いますので、作った!で終わらないようにして頂きたいですね。

他の議員にも言えるのですが、質問が漠然としすぎているものもあって、
もう少し内容を詰めてから質問して欲しいなぁと思いました。
なぜその質問をする必要があるのか、見ている我々が全然わからないので、
一体その質問から何を得たいのか、何が問題でその質問をしているのか分からないんです。
もう少し時間もあるので、その辺をしっかりして頂けると良いかと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。