鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月8日 森川 ヤスエ(日本共産党)

| コメント(2) | トラックバック(0)
・子ども・保育の新システムについて

一発目はとりあえず、質問よりも要望という気もするが。

この新保育システムはかなり賛否両論あがってますね。
どちらがいいんでしょうね。新しい制度では親が自分で園を探さなくては
ならなくなる。さらに負担が増えてしまう。

ちょっと調べると、この制度の目的は予算の削減と雇用の拡大という点も
あるみたいだ。確かに新しい制度では保育で出た利益を保育事業以外にも使える。

一般企業が保育事業に参入出来るという点で、雇用にも効果があるかもしれない。
でも、保育事業で得た利益をその企業の別事業にまわす事も可能になる。
また、保育ママなるアルバイト程度の方が子どもを預かるという仕事も出てくるようで、
これは保育事業の質を落としかねない。

森川議員だけでなく、全国区的にもこの問題はかなり取り上げられているが、
鈴鹿市としては今のところ国に任せっきりという感じだ。森川議員がかなり
食いついて質問しているが、分からないで突き通している。

このシステム、メリットがかなり曖昧だ。
ま、金でしょうね。
予算が無いから、自由化して、企業等が参入してもいいよ~、みたいな。
雇用とかはいいと思いますけど、保育の質云々という点でどうでしょうね。

しかし、この制度の議論はもう収束に向かっている。

先ほども書きましたけど、鈴鹿市は興味ないというか、あまり発言したくない
側のようだ。

・介護予防日常生活支援総合事業について

現状ですでに給付サービスがうまく機能していないから新たに策定される事業のようです。
反対としっても、現状でちゃんと支援を受けられていない方が、ある程度の支援をまんべんなく
受けれるようになるとしたら、そちらの方がいいとも言えますが、
ちゃんと受けられている方は支援の質が落ちてしまうでしょう。難しいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/189

コメント(2)

名前間違えてるんじゃねーよ.
森川議員に失礼だろうが.

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年10月 3日 18:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月8日 石田 秀三(日本共産党)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月8日 山口 善之(緑風会)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。