鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月8日 山口 善之(緑風会)

| コメント(0) | トラックバック(0)
お、初質問ですね~。

コミュニティ・スクールについて
平成14年度から施行

なぜこんな制度出来ちゃったんでしょうね。
それだけ学校側に対する信用などが無くなってきてしまったのかもしれませんね。
学校の役割も時代とともに変化してきたのか。
親がそこまで介入しなければならないのも変な感じだ。

力関係が入れ替わってしまったのか。
躾の問題は基本的に親の責任だと思うし、全部を学校の責任にするのは
どうも腑に落ちない。まぁそういう風になった学校もよろくないでしょうが。

子どもの為の学校つくり、ではなく、親の満足する学校づくりになっていないだろうか。
子どもの自由が奪われ、大人の都合の良い教育がされていないだろうか。
教育の基本はやはり親だと思う。それを投げ出して学校へ依存している方が
多くないだろうか。
なんでもかんでも学校のせいにすればそりゃ楽だろうけどね。
そういう親の怠惰は、最近よく聞く。

まぁ、そういう類の要望を学校側も受けないで、ちゃんと子どもの事を
考えた議論を、学校とコミュニティ・スクールにはしていってもらいたいものです。

あれ!質問が24分ですね。短いなぁ。

次回はもっと時間を使ってがんばってください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/190

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年10月 4日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月8日 森川 ヤスエ(日本共産党)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月9日 藤浪 清司(公明党)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。