鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 今井俊郎(政友会)

| コメント(0) | トラックバック(0)
・鈴鹿市応急診療所の現状について

応急診療所で歯科の診療をしていたなんて全く知りませんでしたね。
最近は歯科の診療時間も多様化してきていますし、わざわざ応急診療所
に行く必要もないのでしょうね。

・勤労青少年ホームの今後について

現在このような施設を利用しようとしている、したいと思っている
若者が居るのでしょうか。数字上は4393人だそうですが。
それほど魅力のない施設と利用促進施策なのでしょう。
古い時代背景のままの思考では使う方も魅力を感じなくるのは当たり前ですね。
使い方が分からないのは若者ではなくて、むしろ市の方だな。

・コミュニティセンターについて

予約状況が規程のルールから少し外れているのではないか、という質問でした。


と、3点の内容でした。
無難につついている感じです。無駄な部分をなくしましょう、という事でしょう。

コミュニティセンターなどは、時代にマッチした設備などを追加すれば、
もっと沢山の人が使えると思うんだけどなぁ...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年11月17日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 原田勝二(無所属)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 後藤光雄(すずか倶楽部)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。