鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 後藤光雄(すずか倶楽部)

| コメント(0) | トラックバック(0)
後藤議員はさりげなく鋭い所を突いてきますね。

前回は撤回されたものを前向きに検討するとさせた。
小さな改善案ながら、大きな進歩かもしれない。

行政側の答弁が必ずしも正しいとは限らない。
真実は虚弁で覆い隠され、議員でさえもそれに気づかず、
今の鈴鹿で何が本当に問題なのか見えてこない事も多い。

後藤議員はそこに切り込んでいく、そんな風に見えました。

小学校の芝生の件についても、答弁では見えてこない真実を
自分の足と目で確かめながら、何が問題なのか、しっかりと
見極めなければならない。と、そんな議員の姿勢を感じます。

残念ながら、末松市長から鈴鹿の未来のビジョンは見えてこない。
市民は末松市長に一体何を期待したのか。
それらの期待を背負っていることを本人は本当に分かっているのだろか。
前市長と何ら変わりない答弁には不安を感じるところではある。

今の鈴鹿は何を改善するべきなのだろう...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年11月25日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 今井俊郎(政友会)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年9月12日 南条雄士(すずか倶楽部)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。