鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 宮本正一(緑風会)

| コメント(0) | トラックバック(0)
1. 次期行財政経営計画策定にあたって
・みんなで取り組む街づくり
・市民が主役の街づくり
・行政サービスの成果が見える街づくり
の3点が総合計画の基本構想らしいですが、どう思われますかね。
本当にその方向で進んでいるんでしょうか。10年計画からすでに5年経過しています。
その間、鈴鹿に変化があったでしょうか。


経済状況や地震の影響がとよく言われますが、具体的な実行案などは不明確で
曖昧な答弁でしたね。先読みをした行政を行うそうですが、果たして出来るのでしょうか。
経済を取り巻く状況や世界情勢を十分に把握した上での答弁という印象はないですね。
実にありきたりの答弁でしたよ。市長も。何も面白みや期待感が持てないね。
問題は分かっているが、手立てが無い。そんな答弁でしたね。

宮本議員はそのような曖昧な答弁に対し、ではこれから何をするのだと問うた。
しかし答弁はごまかしだ。市長はどう考えているのか。

歳入が減少している中、何をやめ、何を実行していくのか、せめてそのビジョンくらいは
しっかりと持っていて欲しいと期待しますが...

この議会において末松市長のビジョンが何も感じられないのは問題だと思った。

2. 消防体制の充実・強化について
こちらも同様の答弁だね。問題は把握しているが、何も実行計画は出てこない。

宮本議員はしっかりと準備をしてきているようで、冷静に問題に対して切り込んでいる印象。
こういう具体的な突っ込んだ質問になると、本当に行政がごまかしの答弁しかしない事がよく分かる。
柔軟に対応していくとか、今後の方向性を見極めるとか、決まり文句のように並べる。
具体案が全く出てこないのだ。議員もおっしゃったように、この質問に限らず、全体的に危機感が感じられなのだ。

議員の質問力次第で、鈴鹿行政の問題はどんどん浮き彫りになってきますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/205

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年12月10日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 宮木健(あくてぃぶ21)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 藤浪清司(公明党) 質問時間:54分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。