鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 藤浪清司(公明党) 質問時間:54分

| コメント(0) | トラックバック(0)
1. 予防接種の取り組みについて
2. 適性な資産管理について
3. 市職員の勤務時間管理について

まずワクチン接種の提供によって得られた効果を数字でもってして
具体的に説明して欲しいと思いました。医療費についても軽減に繋がったのなら、
それを数字で表して欲しいですね。

しかし一時的でしたが、ワクチンが足りない状況があったようですが、
さらに接種する人が増えるとどうなるかな。

国の事業補助は平成24年3月31日で一旦打ち切られる。
市民への接種への周知は、12月の広報や、市のウェブサイトで図るそうです。
それ以降は鈴鹿市としては、国の補助がなくなっても、ワクチン費用を負担して
継続していきたいとの事らしいが、そのお金はどこから持ってくるつもりなのだろうか。
議員もそのあたりの突っ込みがなくて残念。これではやりますと言いいながら、
どこかでその負担を市民にもってくるわけでしょうか。

藤浪議員も答弁をそのまま受けてしまう傾向があるように感じますので、
こう改善すべきではないかとの意見をもっと述べていくと良いのではないかなと
思いました。

市職員の時間外勤務時間費用を見る際にリーマンショックを出してくるのも微妙な気が...
残業をカットするのが良いのでしょうか。残業をすることでどのような問題が解決され、
また新たな問題が出てくるという事はないのでしょうか。
残業をする事でこれまで出来ていた業務ができなくなるのでは、という気もします。
怠慢に残業しているのならそれはカットするべきですが。
その時間分、新しい人件費が出てくるのなら、残業していたほうがいいかもしれないですしね。








トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/206

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年12月18日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 宮本正一(緑風会)」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月5日 鈴木純(すずか倶楽部) 質問時間: 59分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。