鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月5日 鈴木純(すずか倶楽部) 質問時間: 59分

| コメント(0) | トラックバック(0)
1.津波防災体制について
2.観光振興について

東日本大震災と同規模の地震および津波が発生した場合の一時避難施設
ですけれど、民間施設や宿泊施設をあげておりましたが、本当に非難して大丈夫な
施設なのでしょうか。東日本大震災の津波被害の様子を見ましたが、あれと同規模の
津波ですが、ビルの4階までが何もなくなってしまうような津波ですから、
そのような津波に耐えうる施設はそれほど多くはないような気がしますね。

鈴木議員の質問にはっきりと答弁しにくいようですね。
具体的な数字をはっきりとは言わない。そもそも質問の答えにすらなっていない。
なかなかの腑抜け具合ですね。

観光振興については、鈴鹿は知名度だけでみますと世界に通用するものと思います。
但し、モータースポーツという限られたカテゴリに限りますが...
それでもF1のおかげで培ってきたものを他のカテゴリの観光振興に使えるのでは
ないかとも思うのですが、どうでしょうね。
また、F1ウィークでしか人を集められないのはどうかと思いますね。
産業振興部長もF1以外に色々あげていましたけれど、苦し紛れの列挙としか
思えなかったですね。本気でそれらの観光振興にやる気があるとは到底思えませんね。
結局F1か、という気もしてきました。
しかし、世界中からの来客があるにも関わらず、英語が十分に話せないという人材が
多いのでは大きなビジネスチャンスもものには出来そうにありませんね。
過去に何十回とF1を開催してきた都市とは思えない有様ではないかと感じずには
いられません。
F1の活用、モータースポーツの強み、と言っているだけで済ます気でしょうか。
産業振興部長の答弁にもがっかりですね。

ところで、産業振興部長によると、観光振興事業の基本計画は、あくまでイメージで、
アイデアでしかないと断言しました。
アイデアレベルのものを基本計画といういうのはいかがなものでしょうか。
無計画にもほどがありますね。そりゃ鈴木議員の資料中にある基本計画と実施事業の
差がありすぎるのにも納得です。夢物語をぶちまけて、結局やった事はできる事だけ
だったのでしょうかね。何のための基本計画なのでしょうか...
ちょっと恥ずかしい答弁ですよ。

まぁ、答弁を聞いている限りでは、F1やってりゃいいんだよというレベルのようですね。
F1をやって経済効果うんぬんと言っていますが、F1を開催するのに一体いくら必要か
わかっているのでしょうか。








トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/207

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2011年12月19日 10:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月2日 藤浪清司(公明党) 質問時間:54分」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月5日 池上茂樹(公明党) 質問時間: 55分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。