鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月6日 大杉吉包(政友会) 質問時間: 53分

| コメント(0) | トラックバック(0)
1. 公共工事の発注について
2. 人事評価制度について

入札制度の改変を、との事です。
しかしながら、現状の入札制度の問題点が謳われませんでしたので、
総合評価落札方式の方が優位である点が最初はこちらとしてはよく分かりません。
中盤でその理由が出てきましたね。

大型の工事はほとんどが市外業者の下請になっているんですね。
市内業者が施工できないという状況には残念と言うしかありません。
まぁ、総合評価方式にしたからといって市内業者が出来ない工事なら
やむなしですな。

人事評価制度の内容がそんなに大した事でなかった事にびっくりしました。
普通の企業ならその程度の人事評価制度は取りいれているでしょう。
今までそのような評価制度すらなかったという事?
おいおい、って感じがしますね。
鈴鹿市の行政は一体どんな組織体制だったんだ...
まぁ、役人っぽいというかなんというか。お気楽なものですな。

出来る職員には、"やや困難な課題を与え"という所が妙にひっかかりましたね。
やや?

ぬるいわ!

ぬるい役人さんを沢山つくらないように頑張ってもらいたいですねぇ。









トラックバック(0)

トラックバックURL: http://local-watch.toru.me/mt/mt-tb.cgi/216

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtが2012年1月 9日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月6日 森田英治(無所属) 質問時間: 44分」です。

次のブログ記事は「鈴鹿市議会 一般質問 平成23年12月7日 太田龍三(市民クラブ) 質問時間 39分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。