2012年4月アーカイブ

・財政運営の基本的な市政について

抽象的にならず、はっきりと答弁願いますと、最初に釘をさす議員。

鈴鹿の財源はきびいのかな。多くの議員が懸念を抱いている様子ですね。
その辺はあんまり目処がたってないような感じですね。

財政基金も徐々に減少というレベルではない落ち込み方ですけど、
大丈夫なのでしょうかね。
どうやって立て直す気なのでしょうか...

・安定した収入の確保について

新たな産業の振興、また活性化についてですが、将来的にこうなればいいなぁ~
などというぬるい考えで取り組んでほしくはないですね。
確実に成果を出すんだという強い意気込みがなければ新しい産業振興など
出来ないと思うのですが。

こういう発言にやや頼りなさや不安を感じたりします。




施政方針について

施政方針の中で、市長の言う"種"をまくとは一体何を意味するでしょうかね。
曖昧な表現は突っ込まれる元ですから、はっきりと伝えて欲しいですよね。
それが狙いなのかもしれませんけど。

議員の言っている事はちょっと強引な気もしますけれどね。
一理あるな、とも思いましたけれども。

財源がない、確保が重要だ、と言い続けていますけれども、では一体どうやって
財源を確保、拡充していくのか。そういう内容の発言があまりなく、今後も
どうかなと思わざるをえません。

イキイキした街づくりって一体何なんでしょうか。何をもってしてイキイキと
言うのでしょうか。ぼやっとしたビジョンではダメだと思うんです。

なかなか新しいビジネスが生まれにくいのも地方の特徴かもしれませんね。


初めての代表質問ですね。板倉操節って感じです。

質問内容は、
・市民の暮らしを守る行政運営

んー、なんかパッとしない答弁だったかな。

・男女共同参画の推進について

板倉議員はこの推進にかなり力をいれているようですね。
ジェフリー鈴鹿については前回の一般質問でも言われてましたし。
施設の在り方について見直しを提案しています。
ところで、男女共同参画ってそんなに最重要といえる問題なのかな。
そう思っている人って一体どれくらいいるんだろ...
重要ではあるかもしれないけれども。

・公共施設マネジメント白書の作成

無駄金を使わないように効率的な修繕と運営をお願いしたいですね。




・防災に関する質問と、地域の街づくりについて。

市の職員が地域の防災組織に協力していくとの事ですが、
何をどうのように協力していくのでしょうか?
色々な協力の仕方があると思うのですが。その辺はどうなのでしょうかね。
もうすこし明確な答弁があれば良かった気もします。

街づくりに関しては市の職員が積極的に関わっていけるように、
しっかりとリーダーシップをとって頂きたいですね。
末松市長も2年目ですし、かなり鈴鹿には詳しくなったものと思います。

・公の施設利用について

地域コミュニティが縮小している現代、時代にマッチした公民館などの
活用方法を提案していくなど、今後の利用方法に期待しておきます。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。